アパート投資は「低リスク、ミドルリターン」

一口に「投資」

と言っても、いろいろなものがあります。

安全で身近な投資は「普通預金の利息」

でしょう。

2015年初頭の大手銀行の普通預金利息は0.02%で、1万円を1年預けて、増えるお金は2円です。

「に、2えん?、少なっ!」

と感じる度合いが大きい人は、投資家向きかもしれません。

投資の見返りが少ないものは、確実性が高いものです。

銀行が企業に貸し出す金利はおおむね1%以上で、普通預金利息はその50分の1以下を配分しているに過ぎません。

銀行が、確実に普通預金の預金者へ払えるのが、企業から得た利息の50分の1以下というわけです。

これは経費を無視すれば、利益が98%以上というぼろ儲けですから、確実に利息が払えるのは当然でしょう。

これに対し、確実性の低いものは「株式」

です。

株式は、連日、株価の変動が伝えられるほど安定していません。

「普通預金利息より見返りが多くて、株より安定している投資はないのだろうか」

あります。

それは「アパート投資」

です。

アパート投資の利益となる「家賃」

は比較的安定しています。

家賃は、その金額がまるで変わらないものではありませんが、変わるとすれば、一般的には契約を更新するときです。

アパートの契約期間は2年というものが多く、株価に比べればはるかに安定しています。

しかも、変わる時期が決まっていますので、心の準備もできます。

アパート投資は「低リスク、ミドルリターン」

と言われていて、銀行に預金するよりリターンが大きく、株のように株価の上下に一喜一憂することもありません。

世の中にアパートや賃貸マンションがあふれているのは、確実性の高いビジネスだからと言えるでしょう。

アパート投資はアパートを1棟まるごと入手して、オーナーになるものです。

多額の資金が必要かと思いきや、住宅ローンを利用できますし、返済額には家賃収入を充てればいいので、負担は意外に高くありません。

アパート経営を助けてくれる業者が多数存在するのも心強いです。

そんなアパート投資を紹介しているのがこちらになります。

アパート投資の心強い味方になるサイト

投資の成功談も載っています。

ぜひご覧下さい。